坐骨神経痛痛み

坐骨神経痛痛み

鍼灸治療と同じように"気"が流れているという中国古来の考えに基づきます。

腰椎の前への彎曲(前彎(ぜんわん))を維持できる姿勢が一番腰の負担を軽くする様です。病院に行ったその日に即手術と言うように簡単に受けられるものではありません。15分〜20分ほど温めた後、痛む部分を動かし軽い体操等を行ないます。病気をしてその治療にお金をかけるより病気にならないためです。

他は通常の生活をしていても良いのです。目安は10回で行ないます。

腹筋、背筋、お尻の筋肉が衰えると立っていても歩いても姿勢が悪くなり腰椎に負担がかかるようになります。

内臓の冷え性「かくれ冷え性」 カルシウムたっぷりのごま 脇のムダ毛処理 乳がんの自己検診の大切さ 頭皮を守るシャンプー方法